抗生物質であるジスロマックは性病クラミジアの治療にも使われる薬です。病院で貰える薬ですが、個人輸入代行というサービスを使えば通販のようにネットでジスロマックを購入することが可能になります。

  • ホーム
  • 妊娠に影響する女性の性病

妊娠に影響する女性の性病

パソコンを見ている女性

オーラルセックスやアナルセックスを含む性行為によって感染する性病(Sexually Transmitted Diseases)の中には、妊娠に影響するものも多くあります。

性器クラミジア感染症は女性では八割、男性では五割に感染症状が現れないため、知らないうちに感染したり感染させてしまったりしていることが多く、現在日本で一番多い性病となっています。
性器クラミジア感染症を治療せずに放っておくと、不妊症や子宮外妊娠の原因になり、妊婦の場合は流産や早産を引き起こすこともあります。

また、同じように女性では無症状が多い淋菌感染症は性器クラミジア感染症の次に多い性感染症であり、子宮内膜炎や卵管炎を引き起こして子宮外妊娠や卵管性不妊症の原因になるほか、出産時に母子感染を起こします。
クラミジアとの同時感染が20~30%と高く、その場合危険性がより高いと言えます。

どちらの性病も妊娠に影響を及ぼす危険性があり、自覚症状がない場合がほとんどのため、検査を受けて早期に治療する必要があります。

最近では病院に行く時間がない人や婦人科に行くのに抵抗がある人のために郵送で検査をすることができる性病検査キットもありますし、通販を使って性病治療の薬を購入することもできます。

性器クラミジア感染症と淋菌感染症両方に効果がある薬がジスロマックです。
ジスロマックは一回服用するだけで薬の効果が七日間ほど続くため服用を忘れることなく治療することができ、特にクラミジアは一回の服用で90%と高確率で治すことができます。

ジスロマックは通販で購入することで安く買うこともできるため、経済的であることもよい点です。
ただし、通販サイトによっては薬が正規品ではなかったり、偽物だったりすることもあるため、信用できるところかを見極めて正しい薬を購入し、正しく服用して性病を治療していくことが肝要です。

関連記事