抗生物質であるジスロマックは性病クラミジアの治療にも使われる薬です。病院で貰える薬ですが、個人輸入代行というサービスを使えば通販のようにネットでジスロマックを購入することが可能になります。

  • ホーム
  • 自己感染する性病も存在する

自己感染する性病も存在する

黄色のカプセル

性病はSTD(Sexually Transmitted Diseases)とも呼ばれるように、オーラルセックスやアナルセックスを含む性行為によって感染する病気です。
代表的なものとしてはクラミジアや淋病などがあり、多くの性病は性病に感染していない人同士の性行為によって感染することはありませんが、実は自己感染する性病も存在します。
カンジダ症は、真菌というカビの一種のカンジダ菌が異常繁殖することで発症する炎症のことです。
男性の症状は軽く、性器のかゆみや排尿時のわずかな痛み程度ですが、女性の場合は激しいかゆみや痛み、外陰炎などがあります。
性行為による感染もあるために性病に分類されていますが、もともとは常在菌といって人が体内(膣内、膣管など)に持っていることが多い菌なので、セックスをしなくてもカンジダ菌が以上に増加することで自己感染することがあるのです。
この場合、月経前後のホルモンバランスの乱れやストレス、ほかのウイルスを抑えるための抗生物質で免疫力が不足することで発症することが多いです。
カンジダ症は自然に治ることはないため、完治するまで治療する必要があります。

カンジダ症の治療は女性の場合は膣内洗浄や膣へのカンジダ菌を抑える薬の投与、外陰の炎症を抑える塗り薬で、男性の場合は軟膏で治療します。
しかし病院に行くことに抵抗がある場合は、通販で薬を購入するのも一つの手です。

クラミジアの治療薬としても有名なジスロマックはカンジダ菌を含む最近による感染症に効果があります。
ジスロマック一回の服用で薬の効果が七日ほど続くため、服用を忘れることなく治療を行うことができるのが魅力的な点です。
ジスロマックは病院処方される医薬品ですが、個人使用に限り個人輸入をしたり、通販サイトで購入することが可能です。
通販・個人輸入では病院処方よりも安くなるために経済的であるというメリットもあります。

関連記事